それは突然に…

自宅のおトイレ故障中…(現在進行形)

それは連休初日…13日の朝でした。。。

長男が『トイレの様子がおかしい!水が吸い込んでいかない!』と。

 

築年数13年。ついに来たか。水回りの不調…。

てっきり詰まりか水圧の加減かと思いましたが、水が溢れてくるわけでもなく水位は一定のまま。

結局のところ原因はタンクレストイレの内部機械の故障でした。

メンテナンスサービスに連絡を入れて、近々部品交換していただけるとの事。

全替えとかじゃなくて、部品交換だけで済んで良かった…。

 

今回不調を来した2階のおトイレはリビングに近い使用頻度の高いおトイレ。

多少の不便さを感じるものの、幸い1階のおトイレは問題なく使えるので、日常生活を送る上でさほど困る事はありませんでした。 

電話で対応していただいたサービスセンターの女性は『詰まりが原因ではないので、修理の時まで普通にご使用いただいてかまいませんよ!バケツ等でお水を流していただいたら大丈夫ですので!!(笑)』とおっしゃってくださったのですが、今のところ誰一人実践する事なく…結局みんな1階のおトイレを使っています^_^

 ただ普段の便利な状況(生活)が普通になってしまっている私には、たった10日間ほどの、こんな些細な不便さにも慣れるまでに少し時間がかかりました。

 男性陣3人はと言うと、おトイレで長居することがなくなりました^_^

おトイレで雑誌、コミック、動画等々ずーっと入っている事が多い面々でしたが、ちゃんとみんなに気を使ってくれているんですね(笑)

 

あと数日、ちょっとだけ不便な生活を楽しみたいと思います。

 

 

 

クリニックホームページ  http://kodamaclinic.com/